ヒョウモントカゲモドキの人工飼料

 ヒョウモントカゲモドキを飼育してもう3年くらいになりますが、殆どを人工飼料で飼育してきました。

 試してきた餌は3つ、
  • グラブパイ
  • レオパゲル
  • レオパブレンドフード
 です。

 結論から言うと、うちの子はレオパブレンドフードが一番でした。

 順に説明していきましょう

 まずグラブパイですが、こちらは買ったお店でおすすめということでそのまま買ってきました。
 粉をお湯で溶かして固めて冷ましてから食べさせるというものでした。
 ヒョウモントカゲモドキの食いつきは微妙で、このお湯に溶かして冷ますというのが心底面倒くさかったです。


 若干値段も高いです。ただヒョウモントカゲモドキ以外の別の爬虫類にも一定の評価があるようです。


 次にレオパゲルですが、こちらはキョーリンから発売されていて、なんというか、長いこと熱帯魚をやっているためか信頼と実績のキョーリンという感じで安心感がありますね。

 与え方は簡単で歯磨き粉みたいなチューブに入っているのでそれをぶちゅっと押し出してゲルをスプーンか何かに移し、食わせるというだけです。要はグラブパイをゲル状にしたまま販売したという感じですね。
 あとこの製品の欠点ですが、冷蔵保管しないといけません。そのため、絞り出してから常温に戻してから食べさせたほうが良いでしょう。

 正直、食いつきは微妙でしたがグラブパイよりかは手軽……という感じで1年位使っていました。

 Amazonでも定価1,200円ほどのが900円くらいで売られていたのですが、今見たら更に安くなっていますね……まだ残ってるのに


 最後に一番オススメのレオパブレンドフードです

 最初見たのは近所のペットショップでディスプレイ用に1つ残っていたのでそのままポップだけ残して買ってきました。
 1000円くらいで買ったと思います。レオパゲルより量を考えると安いから試しにという感じで購入しました。
 与え方は前2つとはちょっと異なるというか、ペレット状のフードを水にふやかして与える、というお湯も冷蔵庫も使わない最高のお手軽さでした。
 メーカーはGEXですがこちらは輸入販売元、原産国はカナダです。

……るんるん気分で帰宅し与えて見たのですが……

 食べてくれません


 せっかく買ったのに……としばらく食べるまで様子を見るかということで数日間空けてからまた食わせようとすると嫌な顔をして渋々と口に運びました。
 なんか微妙な表情をしていましたが、次第に美味しさがわかったのかもっともっととせがむようになりました。

 結果的に毎日すごい勢いでおねだりされるくらいには気に入ってくれたようです。
 与える量は3粒程度なのですが、7,8粒くらいは食べます。よっぽど好きなんでしょう。先程は食べ過ぎで重たくなった身体で流木をよじ登れず落ちていました。


 レオパゲルより若干高いですが、これだけで結構保つと思いますし、何より保管が楽です。
 安いお店を見つけてストックしておくと良いでしょう。




この記事へのコメント