seraのsuper peatを購入

 前回の記事でハイグロフィラが溶けるとありましたが、あれから更に悪化の一途を辿っていきました。
 具体的には茎が殆ど溶けて葉が浮遊し、全体的にボロボロになってしまったということです。

 これはまずいということで、色々とこれまでの藍藻類の繁茂等も踏まえてやっぱり水がおかしいんじゃないかと。
 それで京都市水道局のホームページを見たところ、若干pHがアルカリ性に傾いていました。7.2なんて誤差……って感じですけれども、蛇口までどうなってるかまではわかりませんし。それと硬度が高い(=ミネラルが多い)ということも考えられます。

 ……じゃあpH測定しろよって思われるかもしれませんが、買ったpHメータに校正液がついていなくてイマイチ信頼性が足りないので現在テトラのpHトロピカル試薬 (5.0-10.0) を注文しています。


 これですね。試験紙は細かい数値までとなるとちょっと微妙なので今回奮発してこのような溶液タイプのものにしてみました。

 で、ですね。
 どうやってpHを弱酸性まで持っていこうか考えていまして、色々クエン酸を加えるだのレモン汁だの考えましたが、「パワーハウスを使ってみよう!」と思ったわけですよ。パワーハウスっていうのは結構昔からある高級ろ材でして、弱酸性に水質を保ってくれるソフトタイプというものがあるのでそれを使おうと思ったわけです。

 それでいざショップについて値段を見ると……

 高い!!!!!!!!


 無理じゃ。
 信頼性と、性能は確かなのは知っているのですが、やはりこの価格は手が出ない……

 ということでショップで悩んでいると、上に「peat」の文字が。
 seraという見慣れないメーカーのスーパーピートという商品が売っていました。

 価格は1000円ちょっと。

 確かにピートを加えれば水質は弱酸性になる……が水が茶色くなる……

 ということで一瞬躊躇するも、そんなこと言ってる場合じゃないということで購入。
 ついでにコリドラス・ステルバイを「あるだけ全部ください」って4匹だけ買ってきました(割引してくれました)

IMG_20180923_162956.jpgIMG_20180923_163025.jpg
 こんな感じの商品です。
 一瞬エーハイムかと思いました。

IMG_20180923_163047.jpg
 裏には日本語でも一応書いてありますが、ただのピートですね。
 焼き固めたものって感じだと思います。

IMG_20180923_163123.jpg
 箱を開けるとまんまソイルそのものですね。ただソイルではないですのでご注意を(水が茶色くなる)。

IMG_20180923_174259.jpg
 こんな感じで外部フィルターに排水口のネットに包んで入れておきました。
 長年(10年近く)使っていた濾材を廃棄してそこにいれました。


 2晩入れた感じなんですが、やっぱり茶色くなりました。
 急激なpH低下なのか、ただ単純に酸性に弱いのかはわかりませんが、ヤマトヌマエビが2匹★になりました……。
 ミナミヌマエビはヤマトヌマエビと比べて酸性に強いことが知られているので今度はそちらにしようと思います。
 魚たちは非常に元気です。

IMG_20180923_210536.jpg




この記事へのコメント